クレジットカード現金化を行うとどのような利点と弱点があるのか

クレジットカード現金化を行うとどのような利点と弱点があるのか

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。ショッピング枠は買い物に利用する事ができ、キャッシング枠は消費者金融会社のキャッシングや銀行のカードローンのように、お金を借りる事が可能です。

いずれも限度額が設定されており、キャッシング枠を限度額まで使ってしまうと、返済をしない限りは新たにお金を借りられません。他の会社と契約をする事になりますが、返済状況によってはそれ以上新規に借りられないかもしれません。

クレジットカード現金化は、クレカのショッピング枠を利用して融資を受けるサービスです。

クレジットカードの現金化を行うには

クレジットカードのショッピング枠を現金化するとは、どのような事を行っていくのでしょうか。

多くの場合、サービス会社が利用者に指定の商品を販売し、それを買い取る事で手数料を差し引いた金額が利用者の元に現金が入ってきます。販売と買取のサービスが一体になっている事もあります。

クレジットカードで商品を購入してもらって、それを買い取って利用者に現金を渡すというシンプルな仕組みになっています。

クレジットカードの現金化を行っているサービス会社を探す

クレジットカードのショッピング枠の利用は、量販店などで商品を購入して、それを支払う時にカード会社に立て替えてもらい、後日決められた日に使った分を支払うという仕組みになっています。

現金化を行うには、この仕組みを使って商品の購入と買取を一体で行っている会社を探す事から始めます。

近年では、現金化を行っているサービス会社が増えており、還元率も様々です。複数のサービス会社を比較する事で、還元率の高い所を探す事が出来るでしょう。

クレジットカードの現金化ではどのような物を買い取って現金にしてくれるのか

現金化を行っているサービス会社は、中古買取店や中古ブランドショップなどのように何でも買い取ってくれるというわけではなく、指定の商品を利用者が購入し、それを買い取るという仕組みを採用しています。

その為、あくまでもショッピング枠を現金にする為の手段であるので、サービス会社に申し込んだら、サービス会社の指定する方法で手続きを進める事になります。

クレジットカードの現金化の利点と弱点にはどのような事があるのか

一見便利に見えるクレジットカードを利用した現金化ですが、利点と弱点があります。それらを理解した上で利用する事で、現金が必要になった時に役立ちます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する利点とは

ショッピング枠を現金化する利点は、直ぐに現金を調達出来る事です。キャッシング枠を限度額まで使っていて、ショッピング枠は残っている場合に、現金を調達する手段として使えます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する弱点とは

現金化の弱点は、信用出来るサービス会社を探すのに手間が掛かる事とカード会社の規約に違反している可能性がある事です。クレジットカードのショッピング枠の現金化は法的にはグレーな部分があります。

また、サービス会社の中には詐欺まがいの事を行う所もあるので、利用者は信用出来るサービス会社を探す事が先決になります。

探し方としては、口コミや比較サイトの評価などを総合的に判断して探します。

クレジットカードで商品を購入して、中古買取店でそれを買い取ってもらうという使い方は、カード会社の規約には基本的に反していませんが、お金を得る為だけに、この仕組みを利用するのは規約に違反しているケースが多々あります。

もし、発覚したらカードの使用が停止される事もあるので注意しなければいけません。

まとめ

クレジットカードのショッピング枠を活用する事で、現金化を行う事は出来ます。カードローンやキャッシングを新たに契約出来なくて現金を調達出来ない場合に、この現金化は役立つ方法です。

一方で、カード会社の規約には違反している可能性もあるので、サービスを利用する際には利用しても大丈夫なのかを確認してから利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です